WWDC2022で13インチのMacBook Pro発表?ロックダウンの影響で延期される可能性も

投稿日:

by kenji

Apple

AppleのWWDC2022の基調講演が日本時間6月7日午前2時から始まります。

WWDC2022の基調講演が間近に迫りましたが、ジャーナリストが最新予想を伝え、話題になっています。

WWDC2022で13インチのMacBook Pro発表?

Appleの記事で著名なブルームバーグのマーク・ガーマン氏は、最新のPower Onニュースレターで、WWDC2022で13インチMacBook Proの発表も計画されていたことを伝えました。

より高速な13インチMacBookProも、新しいAirとほぼ同時期に発売される予定でしたが、中国での同じ封鎖により、ロードマップのその部分も破棄された可能性があります。そのマシンが起動したら、2020年からの現在の13インチMacBookProと同じように見えることを期待してください。タッチバーはありません。

ガーマン氏によると、WWDC2022で13インチMacBook Proの発表は、中国でのロックダウンの影響で延期された可能性もあります。

13インチの新型MacBook Proは、M2チップ、USB-Cポートを備えていると噂されていますが、ガーマン氏によるとタッチバーはなさそうです。

iPhoneがAndroidよりも再販価格が高い3つの理由!米メディアが分析

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事