WWDC2022で発表されるMacBook Airのカラーオプションは4色?ジャーナリスト予想

投稿日:

by kenji

Apple

AppleのWWDC2022まであと2日。

今年のWWDC2022ではハードウェアの発表が期待されMacBook Airが最有力候補ですが、ジャーナリストが最新の色の予想を出し、話題になっています。

WWDC2022で発表されるMacBook Airの色は4色?

新型MacBook Airは、青、緑、ピンク、銀、黄色、オレンジ、紫のM1 iMacに似た、複数の新しい色のオプションがあるラップトップパソコンになると噂されていました。

それに対し、Appleの記事で著名なブルームバーグのマーク・ガーマン氏はTwitterで、「おそらく誇張されている」と伝えました。

ガーマン氏によると、WWDC2022で発表されるMacBook Airの色は、現行モデルと同じスペースグレー、シルバー、ゴールド(新しいゴールドはよりシャンパンのような色)の3色と現行モデルのiMacで採用されている青の4色ではないかとのことです。

またガーマン氏は、中国の工場の閉鎖により、6月6日に発表する意味がないほどの供給とリリースの日付のギャップが生じたときは、WWDC2022でMacBook Airが発表されない可能性があると伝えています。

新型MacBook Airは、より薄いベゼルを備えた新しいディスプレイ、MagSafeコネクタ、より大きなファンクションキーを備えた再設計されたキーボードが搭載されていると噂されています。

2022年登場MacBook Air最新予想!発売日は?デザイン・機能・販売価格など

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事