iPadOS16がラップトップPCのような再設計されたマルチタスクインターフェイスを搭載?

投稿日:

by kenji

APPLETRACK

2022年6月6日開催されるWWDC2022の基調講演で、AppleはiOS16、watchOS9、macOS13などのオペレーティングシステムを発表します。

先日、GitHubのWebKitで最近追加されたiPadOSへの変更が話題になりましたが、ジャーナリストがiPadOS16の再設計についてレポートし話題になっています。

iPadOS16が再設計されたマルチタスクインターフェイスを搭載?

Appleの記事で著名なブルームバーグのマーク・ガーマン氏は、最新の記事で、iPadOS16はラップトップPCのような再設計されたマルチタスクインターフェイスを搭載するとレポート。

ガーマン氏が伝える再設計の主な内容は、以下の通りです。

  • 再設計されたマルチタスクビュー:開いているアプリを確認し、タスクを切り替えるのが簡単になる
  • macOSの場合と同じようにアプリウィンドウのサイズを変更できるため、複数のアプリを同時に使用しやすくなる
  • アプリを並べて実行するための分割ビュー機能の改善

ガーマン氏は、Appleは秋に向けて更新されたiPad Proの発売を計画しており、ソフトウェアのアップデートは、将来のハードウェアを推進するのに役立つと伝えています。

「マルチタスクモード」に関しては、AppleのリーカーのMajin Bu氏が3月にTwitterで情報を共有。

APPLETRACKは、iPadのウィンドウ処理の再設計は、iPadOSを実行可能なラップトップPCの代替品にするために必要なゲームチェンジャーになる可能性があると伝えています。

2022年登場iPad Pro最新予想!デザイン・機能は?発売日は?大幅値上げの可能性も

参考:Bloomberg via APPLETRACK

関連記事