iPhone14すべてのモデルで6GBのRAM?Proモデルには高性能LPDDR5RAMが搭載?

投稿日:

by kenji

EverythingApplePro/YouTube

Appleは今年2022年9月頃に、iPhone14シリーズを発売すると予想されています。

iPhone14シリーズに搭載されるAppleシリコンチップについての予想が市場調査会社から出され、話題になっています。

iPhone14シリーズはすべてのモデルで6GBのRAM?

現行モデルのiPhone13シリーズでは、iPhone13とiPhone13 miniは4GBのRAMが搭載され、iPhone13 ProとiPhone13 ProMaxには6GBのRAMが搭載されています。

市場調査会社のTrendForceからの新しいレポートによると、iPhone14シリーズの4モデルすべてに6GBのRAMが搭載されると予想されています。

TrendForce

TrendForceは、iPhone14シリーズの仕様と構成の予測で、iPhone14 ProとiPhone14 ProMaxがTSMCの4nmプロセスを使用して製造されたA16プロセッサチップを搭載し、iPhone14とiPhone14 MaxがTSMCの5nmplusを使用して製造されたA15プロセッサチップを搭載すると予測しています。

現在、iPhone13 ProはLPDDR4テクノロジーで製造された6GBのRAMを使用しています。

TrendForceは、iPhone14とiPhone14MaxではLPDDR4テクノロジーで製造された6GBのRAMが搭載され、iPhone14 ProとiPhone14 ProMaxでは電力効率の高いLPDDR5テクノロジーで製造された6GBのRAMが搭載されると予想しています。

iPhone14 Proには、A16Bionicチップと48メガピクセルのバックカメラが搭載され、衛星ネットワーク を介して緊急テキストを送信する機能が搭載される可能性があると噂されています。

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介


関連記事