iOS15.6ベータ2 Apple Musicのバグ修正!アプリが自動的にDockに再配置されないように

投稿日:

by kenji

Aaron Zollo/Twitter

AppleはiOS15.6ベータ2を、開発者とパブリックベータユーザーへリリース。

iOS15.6ベータ2で、iOS15でユーザーにより指摘されていたApple Musicのバグが修正されたことが、YouTuberから報告され、話題になっています。

iOS15.6ベータ2 Apple Musicのバグ修正!

先月iPhoneユーザーのKevin Archerさんは、他のアプリがすでにDock内に存在していても、Apple Musicアプリを再インストールすると、Apple MusicアプリがDockに自動的に追加されるiOS15のバグを発見して、Twitterで報告。

Archerさんがこのバグを報告してから、Apple MusicアプリがSpotifyのような競合アプリをDockから「追い出した」という報告がインターネットに殺到しました。

以前、9to5MaciOS15のコードを分析して、バグが原因でApple MusicがDockに自動的に追加されたことを確認し、Appleの広報担当者も、問題を調査中であると回答していました。

iOS15.6ベータ2でApple Musicのバグが修正されたことをTwitterで報告したのは、YouTuberのAaron Zollo氏。

iOS15.6ベータ2では、Apple Musicアプリを再インストールしても、Dockに自動的に配置されず、他の通常のアプリと同じように、ホーム画面の最後に表示されるようになったとのことです。

iPhoneがAndroidよりも再販価格が高い3つの理由!米メディアが分析

参考:9to5Mac

関連記事