Apple WWDC2022の6月6日スケジュール発表!基調講演や一般教書演説など

投稿日:

by kenji

Apple

毎年恒例のWWDC2022開催までわずか10日余りになりました。

WWDC2022では、iOS16、watchOS9、macOS13などのオペレーティングシステムが発表されると予想されています。

Appleは本日、WWDC2022の6月6日のスケジュールを発表しました。

AppleがWWDC2022の6月6日のスケジュール発表

AppleはWWDC2022の初日に開催される基調講演、Apple Design Awards、および一般教書演説の詳細を確認しました。

Apple基調講演

6月6日午前10時、PDT(日本時間6月7日午前2時)

WWDC2022の基調講演では、iOS16、iPadOS16、macOS13、watchOS9などのオペレーティングシステムが発表されると予想されています。

基調講演は、開発者でなくても視聴でき、Appleの公式サイト、Apple Developerアプリ、Apple TVアプリ、およびYouTubeで視聴できます。

プラットフォーム一般教書演説

6月6日午後2時PDT(日本時間6月7日午前6時)

開発者だけが参加できます。

Appleプラットフォーム全体の新しいツール、テクノロジー、および進歩についてさらに深く掘り下げて、アプリを次のレベルに引き上げる方法を学びます。

プラットフォームの一般教書演説は、Apple DeveloperアプリとApple DeveloperWebサイトを介してストリーミングされます。

Apple Design Awards

6月6日午後5時PDT(日本時間6月7日午前9時)

開発者だけが参加できます。

毎年、Apple Design Awardsは、アップルの開発者が仕事にもたらす芸術、工芸、創造性、技術的専門知識を表彰し、祝います。

Apple Design Awardsは、Apple DeveloperアプリとApple DeveloperWebサイトを介して配信されます。

Apple WWDC2022で2台の新型Macを発表?ジャーナリストが予想

参考:9to5MacApple

関連記事