watchOS8.6リリース!ApplePayとAppleWalletのリブランドとバグ修正

投稿日:

by kenji

9to5Mac

watchOS8.5.1を公開してから約1か月半、Appleはすべてのユーザー向けにwatchOS8.6をリリースし、新機能の追加とバグ修正を行いました。

watchOS8.6

AppleからはwatchOS8.6のリリースノートが公開されていますが、記載は以下の1項目のみです。

「StoreKit 2を使用している開発者が、顧客が現在サブスクライブしている製品のサブスクリプションオファーの購入を開始できるように問題を修正しました。」

その他の内容は公表されておらず、バグ修正がメインだと考えられています。

Apple

9to5Macによると、watchOS8.6には、ApplePayとAppleWalletのリブランドが含まれるとのことです。

  • ウォレット設定で「チタンカード」と呼ばれるようになった物理的なAppleCard
  • メッセージアプリで「AppleCash」にリブランドされたApplePay
  •  ウォレットアプリで「Appleアカウントカード」としてリブランドされたiTunesPass

また、MacRumorsによると、watchOS 8.6アップデートは、ECG機能と不整脈検出をメキシコに拡張するとのことです。

watchOS8.6はAppleWatchシリーズ3以降で利用可能です。

watchOS‌8.6のアップデートは、iPhoneのApple Watchアプリから行います。

[一般]> [ソフトウェアアップデート]に移動してダウンロードします。

インストールするには、Apple Watchに少なくとも50%のバッテリー残量があり、充電器に装着されている必要があります。Wi-Fi接続されたiPhone‌‌‌‌‌‌と通信可能圏内にある必要があります。

Apple iOS15.5とiPadOS15.5リリース!PodcastとAppleCash機能強化とバグ修正

macOS12.4をリリース!Podcast機能追加とStudioDisplayWebカメラ修正

参考:AppleMacRumors9to5Mac

関連記事