Apple Store銀座が入居のビル2022年9月解体予定!2019年にティム・クックが訪問

投稿日:

by kenji

Apple

日本にはApple Storeが現在10店舗あり、そのうち5店舗が東京にありますが、Apple Store銀座が入居のビルが2022年9月解体予定とのことです。

Apple Store銀座が入居のビル2022年9月解体予定

JAPAN PROPERTY CENTRALによると、Apple Store銀座が入居のサヱグサビル本館が9月に解体予定とのことです。

Apple Store銀座は2003年11月30日に日本で最初にオープンしたApple Storeです。

解体後2024年後半までに、高さ50m、総床面積4,001平方メートル(43,000平方フィート)の10階建てのビルが建築されるとのことです。

Apple Insider Newsによると、Apple Store銀座は2019年にAppleのCEOのティム・クック氏が訪問しました。

現在Apple Store銀座は毎日営業中ですが、いつまで現在のビルで営業を続けるのか、解体中に移転するのか、建て替え後のビルに入居するのかについて、Appleはまだ公表しておらず、今後の動向が注目されています。

「IPX7」のIPXって何?防水規格について詳しく解説するぞ


関連記事