Apple Studio Display Firmware15.5ベータ2リリース!画質が改善するのか?体験談が話題

投稿日:

by kenji

Apple

AppleがStudio Displayを2022年3月18日に発売して1か月半。

Webカメラのパフォーマンスで非常に低評価を受け、Appleがソフトウェアのアップデートでバグの修正を約束しましたが、本日、AppleがStudio Display Firmware15.5ベータ2を開発者向けにリリース。

画質が改善するのかどうか実際に試した体験談の結果が話題になっています。

Studio Display Firmware15.5ベータ2で画質が改善するのか?

Studio Displayがリリースされて以来、ユーザーは内蔵のフロントカメラの品質に低評価を下しています。

特に暗い場所で、Webカメラによってキャプチャされた画像が色あせて非常にノイズが多いことが明らかになっています。

Studio Display Firmware 15.5ベータ1では、Appleはソフトウェアのアップデートを行いましたが、思ったほど改善されませんでした。

そこで、Studio Display Firmware15.5ベータ2で画質が改善するのか実際に試したのは開発者のジェームズ・トムソン氏。

アップデートをインストールする前後の画質を比較。

画像はまだ少し色あせていますが、Studio Display Firmware15.5ベータ2では実際に画像の鮮明さが向上しているようです。

トムソン氏は、よりコントラストがあり、更新後の色が少し自然になっていることにも注目しました。

9to5Macは、Studio DisplayのWebカメラの画質の低品質の主な原因は、その超広角レンズと小さなセンサーの組み合わせなので、ファームウェアのアップデートでの画質の改善は期待できないと伝えています。

Apple Studio Display低品質なウェブカメラの原因が判明!ソフトウェアのバクではなかった

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事