イーロン・マスクApp Storeの30パーセントの手数料を批判!インターネットに税金をかけるようなもの

投稿日:

by kenji

9to5Mac

AppleはApp Storeで開発者がアプリを販売するときに30パーセントの手数料を徴収します。

その件に関し、イーロン・マスク氏が批判したことが、話題になっています。

イーロン・マスクApp Storeの30パーセントの手数料を批判!

テスラのCEOのイーロン・マスク氏は、最新のTwitterでAppleがApp Storeで開発者がアプリを販売するときに徴収する30パーセントの手数料について批判。

マスク氏は「インターネットに30%の税金をかけるようなもの」だと伝えています。

マスク氏がAppleのApp Storeでの30パーセントの手数料について批判するのは、今回が初めてではありません。

2021年7月、マスク氏はAppleのApp Storeでの30パーセントの手数料について「インターネット上の事実上の世界税」と呼びました。

当時、マスク氏は、Appleがデジタル商品の支払いを受け取る別の方法を提供するためにApp Storeを開くべきか、それともユーザーが別のストアから選択できるようにするべきかについてのEpicGamesの議論を支持しました。

9to5Macは、マスク氏のツイートは現時点ではAppleに直接の影響を与えませんが、Appleは独占を終わらせようとしている政治家、ビッグテック、政府との法廷闘争にまだ直面していることに注意が必要だと伝えています。

AppleすでにApp Storeの改善プロセスで約280万のアプリ削除済み!削除されたアプリは使えるのか?

参考:9to5Mac

関連記事