ビットコインコアバージョン23.0 M1チップをネイティブにサポート

投稿日:

by kenji

先週2022年4月22日、ビットコインコア(Bitcoin Core)バージョン23.0がリリースされました。

新バージョンではAppleのM1チップがネイティブにサポートされたとのことです。

ビットコインコアバージョン23.0 M1チップをネイティブにサポート

ビットコインコア(Bitcoin Core)はビットコインの開発陣が公式にリリースしたソフトウェアで、保有しているビットコインを管理するウォレットとしての機能を持っています。

Web3の開発者で研究者のZhixiong Pan氏は、ビットコインコアがバージョン23.0をリリースしたとツイートしました。

Pan氏は、アップデートにはmacOS ARMビルドの追加が含まれており、「これは、AppleシリコンM1チップをネイティブにサポートするビットコインコアの最初のバージョンになる可能性が高い」と伝えています。

ApplemaMazineによると、ビットコインコア23.0のアップデートのソースコードはサイレントに公開され、Pan氏がGitHubリポジトリを検索し、macOS ARMビルドが含まれていることを発見したとのことです。

ユーザーはビットコインコア23.0のコンパイル済みバージョンをすぐに利用できます。

ビットコインコアは半年ごとにアップグレードされるので、バージョン24.0のリリースは10月に予想されています。

ハッキングされているiPhoneの確認方法チェック項目7つ!3つの原因と解決方法

参考:ApplemaMazine

関連記事