Apple iOS15.5とiPadOS15.5開発者向けベータ3リリース!バグ修正と新機能の追加

投稿日:

by kenji

9to5Mac

AppleはiOS15.5ベータ2とiPadOS15.5ベータ2リリース後約1週間で、iOS15.5ベータ3とiPadOS15.5ベータ3を開発者向けにリリースしました。

iOS15.5にはiPhoneおよびiPadユーザー向けの幅広い新機能が含まれています。

iOS15.5とiPadOS15.5に含まれる新機能

iOS15.5開発者向けベータ3のリリースノートによると、多くのバグ修正と新機能が含まれているとのことです。

Apple

今までお伝えしてきた、iOS15.5で追加された新機能は、以下の通りです。

iOS15.5開発者向けベータ3のリリースノートによると新機能は、Apple Pay、認証、開発者設定、ゲームコントローラ、HealthKit、libc ++、SharePlay、StoreKit、UIKitで追加されました。

macOS12.4開発者向けベータ3リリースノートによると、iPadOS15.5およびmacOS12.4のユニバーサルコントロールは、iPadOS15.4とmacOS12.3を実行しているデバイスと互換性がないため、回避策として、ユーザーはユニバーサルコントロールを実行しているデバイスを新しいiPadOS15.5ベータ3とmacOS12.4ベータ3にアップデートする必要があるとのことです。

iOS15.5はiOS15の最後のメジャーアップデートになる可能性もあり、Appleは6月にWWDCでiOS16を発表する予定です。

iOS15.5ベータ3ではリリースノートが公開されていますが、新機能についてユーザーへの影響など詳細について分かり次第、追加記事をリリースします。

iOS15.4.1の新機能をチェック!不具合やアップデートの感想は?

参考:9to5MacApple

関連記事