iPhone14 Proはデータ転送速度が10倍に?USB 3.0サポートのリーク情報

投稿日:

by kenji

Technizo Concept/YouTube

Appleは、例年通り今年も、2022年9月頃にiPhone14シリーズをリリースすると予想されています。

USB-Cポートを備えたiPhoneが期待されていましたが、iPhone14シリーズではLightningポートが維持されると予想されてます。

iPhone14 ProではUSB 3.0サポートのリーク情報が流れ、話題になっています。

iPhone14 ProはUSB 3.0サポートでデータ転送速度が10倍に?

先週iDROPNEWSが、iPhone14は期待されていたUSB-Cコネクタを搭載せず、Lightningポートの搭載を継続し、AppleはUSB 3.0の高速転送モードをiPhone14 ProとiPhone14 ProMaxに実装する予定だと伝えました。

Technizo Concept/YouTube

現在のLightningポートはUSB 2.0で転送速度は480Mbpsですが、USB 3.0になると現在の約10倍の5Gbpsの転送速度を提供します。

Macworldは、実際にLightningポートがUSB 3.0のサポートが可能かについて、iPadの事例を挙げています。

2018年にUSB-Cに切り替わる前の第1世代と第2世代の12.9インチiPad Proでは、外付けのアダプターを使うことで、実際に高速のLightningポートの使用が可能でした。

iPadがUSB-Cに切り替わると、転送速度が10Gbpsに上がり、40GbpsのThunderbolt速度をサポートする2021年に発売されたM1チップ搭載のiPad Proでさらに速度が上がりました。

Appleが実際にLightningポートでUSB 3.0の高速転送モードをサポートした場合、iPhone14 ProとiPhone14 ProMaxの大きなセールスポイントになりそうです。

iPhone14 ProはUSB 3.0の高速転送モードをサポート?

WWDC2022で発表!サポート終了の機種は?iPadOS16にアップデートできるデバイスは?

 

参考:iDROPNEWSMacworid 写真: YouTube

関連記事