iPhone14 Pro丸みを帯びた角のデザインを採用?カメラアレイに対応

投稿日:

by kenji

APPLETRACK

Appleは、例年通り今年も、2022年9月頃にiPhone14シリーズをリリースすると予想されています。

リーク情報に基づいてAppleデバイスのレンダリングを共有するコンセプトクリエーターが、iPhone13 ProとiPhone14 Proの詳細な比較情報をレポートし、話題になっています。

iPhone14 Proカメラアレイに対応した丸みを帯びた角のデザインを採用

iPhone13 ProとiPhone14 Proの詳細な比較情報をレポートしたのは、AppleTrackのジャーナリストで、レンダリングアーティストのイアン・ゼルボ氏。

Ian Zelbo/APPLETRACK 右がiPhone13 Proで左がiPhone14 Pro

iPhone13 Proのデザインでは、デバイスの角の半径がカメラバンプの半径と一致していませんでした。

ゼルボ氏によると、リークされたさまざまなiPhone14 ProのCADと回路図から分析すると、 AppleはiPhone14 Proの角を大幅に丸め、デバイスの角の半径をカメラバンプの半径と一致させたとのことです。

Ian Zelbo/APPLETRACK 右がiPhone13 Proで左がiPhone14 Pro

iPhone14 Proはデバイスの角がより丸くなることから、ディスプレイの角もはるかに湾曲します。

iPhone14Proモデルは、57%大きいセンサーを備えた新しい48MPカメラシステムを搭載するために、より大きなリアカメラアレイを備えていると予想されています。

iPhone14シリーズのカラーオプション予想!新色の紫が登場するとのリーク情報

参考:APPLETRACK

関連記事