Apple Pay不正防止機能を強化!カード使用時にユーザーに警告通知

投稿日:

by kenji

9to5mac

ユーザーは、カードを最初にApple Payに追加したときや、オンラインまたはアプリ内取引で使用するときに、カードの不正防止が強化されたという通知を受け取るようになったとのことです。

これは、Apple Payが一部のカードで不正防止機能を強化し始めたためとのことです。

Apple Pay不正防止機能を強化

9to5Macによると、Apple Payで一部のカードには、以下のような「強化された不正防止」機能に関する通知が表示されているとのことです。

特定の不正防止機能が強化されたカードの場合、オンラインまたはアプリ内トランザクションを試行すると、デバイスはApple ID、デバイス、および場所(位置情報サービスを有効にしている場合)に関する情報を評価して、不正防止評価を作成します。 Appleは、詐欺を特定して防止するために使用します。

Appleは、「不正防止の評価と、取引に関する情報(購入金額、通貨、日付など)を、不正防止のために支払いカードネットワークと共有する」と通知するとのことです。

「不正防止の評価が支払いカードネットワークと共有されないようにするために、別のカードを選択することができます」とユーザーに警告します。

9to5Macによると、「強化された不正防止」機能は、世界中の一部のVisaユーザー向けに展開されはじめているとのことです。

海外でiPhoneを充電!世界140カ国以上で使用可能な充電アダプタがコチラ

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介

参考・写真:9to5Mac

関連記事