iCloudフィッシング攻撃で65万ドルの暗号資産盗まれる!MetaMask注意喚起

投稿日:

by kenji

Apple

米国でiCloudフィッシング攻撃で65万ドルの暗号資産が盗まれる被害が発生しました。

イーサリアム(ETH)基盤の暗号資産ウォレットMetaMaskは、2022年4月18日Apple iCloudの自動バックアップを無効化するように呼びかけました。

iCloudフィッシング攻撃でMetaMaskに保管していた65万ドルの暗号資産盗まれる

4月14日MetaMaskユーザーのDomenic Iacovoneさんは、彼の暗号通貨ウォレット内の資産が完全に盗まれたとツイート。

Apple Insider Newsによると、被害総額はNFTを含む暗号資産65万ドル(日本円で約8200万円)とのことです。

MetaMaskによると、アプリのデータをiCloudでバックアップしている場合、パスワードで暗号化されたMetaMaskのデータ保管庫も含まれ、iCloud認証情報が盗まれると、ウォレットの資金を盗まれるリスクが高まると説明しています。

Iacovoneさんによると、iPhoneにAppleになりすました詐欺師から着信があったのでかけ直したとき、二要素認証コードをきかれたので伝えたとのことです。

その数秒後、彼のMetaMask内に保管していた暗号資産すべてが盗まれました。

MetaMaskは、ハッキング防止策として、iCloudデータバックアップを無効にするように呼びかけています。

2022年後半発売予想!Mac ProとPro Display XDRの後継機の7Kディスプレイ?

iPhone14シリーズのケース金型リーク!4モデルのカメラバンプサイズが明らかに

参考:Apple Insider News 写真: Apple

関連記事