iPhone14発売後に廃止されるモデルは?iPhone11など

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは、例年通り今年も、2022年9月頃にiPhone14シリーズをリリースすると予想されています。

通常AppleはiPhoneの新シリーズの発売と同時に数種類の旧モデルを廃止しますが、iPhone14シリーズ発売後に廃止されるiPhoneモデルについてのリーク情報が話題になっています。

iPhone14発売後に廃止されるモデルは?

Appleは2020年にiPhone12シリーズを発売後にiPhone11 Pro、iPhone11 ProMax、iPhone8、iPhone 8Plusを廃止、2021年にiPhone13シリーズを発売後にiPhone 12ProとiPhoneXRを廃止しました。

iDROPNEWSでリーカーのLeaksAppleProは、Appleは9月にiPhone14シリーズ発売後、iPhone11を廃止すると伝えています。

Apple

LeaksAppleProによると、廃止されるモデルは確定ではなく、Apple内で現在検討中とのことですが、廃止されるかどうかは、発売されたばかりのiPhone SE3と競合するかどうかで判断されるのではないかとのことです。

iDROPNEWSによると、iPhone11はiPhone SE3が発売されてから通常よりもよく売れたとのことです。

iPhone SE3が2014年モデルの外観のままであったので、2台のカメラと適度に高速なチップを搭載した見栄えの良いiPhone11にユーザーは70ドル多く費やしたのではないかとphoneArena.comは推測しています。

iDROPNEWSはiPhone12は販売を継続すると伝えていますが、iPhone12 miniについては、iPhone SE3と競合するので現時点では不明であるとしています。

iPhone13については販売を継続するとのことですが、すべてのモデルが残るのかについては言及がありません。

iDROPNEWSは、AppleはiPhone14とiPhone14Proの供給が不足すると想定しており、より多くのモデルを低価格で提供することは、AppleがiPhoneの高い需要に対処するのに役立つと伝えています。

iPhone14シリーズ4モデルの概略図がリーク!miniモデルは無し?

参考:iDROPNEWSphoneArena.com 写真:Apple

関連記事