iOS16「集中モード」の機能を強化?多くのカスタマイズオプションを提供する可能性

投稿日:

by kenji

9to5Mac

2022年6月6日から6月10日にWWDC2022が開催され、Appleは例年通りオペレーティングシステムを発表しますが、ジャーナリストがiOS16でのメジャーアップグレードを予想。

AppleはiOS16で、「集中モード」の機能を強化するとのジャーナリストの予測を裏づける証拠が見つかり、話題になっています。

iOS16「集中モード」の機能を強化?

「集中モード」はiOS15で導入された機能で、メールやアプリの通知によって作業を中断させたくないときなどに、通知の管理ができる機能です。

Appleの記事で著名なジャーナリストのマーク・ガーマン氏は、先週のレポートで、iOS16は通知の更新を含む、全面的にかなり重要な機能強化を備えていると伝えました。

ガーマン氏は詳細については伝えていませんが、米国のApple系メディアの9to5Macが今月リリースされたmacOS12.4ベータ1のコードから、Appleが「集中モード」の大規模な変更を計画していることを発見。

9to5Macが発見したiOS16とmacOS13に関するコードでは、「集中モード」にiOS15とmacOS12よりも多くのカスタマイズを導入するとのことです。

9to5Macでは「集中モード」のカスタマイズについての詳細はありませんが、iOS16とmacOS13の「集中モード」とiOS15とmacOS12のものは互換性がなく、ユーザーはどちらを使うか選択する必要があるとのことです。

iOS16健康機能追加?薬のリマインダーを含む3つの新機能

参考:9to5Mac

関連記事