iPhone14シリーズ4モデルのディスプレイサプライヤー判明!アナリストがリーク

投稿日:

by kenji

Technizo Concept/YouTube

Appleは、例年通り今年も、2022年9月頃にiPhone14シリーズをリリースすると予想されています。

iPhone14シリーズのディスプレイサプライヤーの情報がアナリストからリークされ、話題になっています。

iPhone14シリーズディスプレイサプライヤーのリーク情報

DisplaySearchの創設者でディスプレイの専門家であるロス・ヤング氏はTwitterで、iPhone14シリーズ4モデルのうち、iPhone14 ProのディスプレイパネルをSamsung Displayが独占供給し、他の3つのモデルは多様なサプライヤーからのものであると伝えました。

ヤング氏によると、LG DisplayはまだLTPOスマートフォンパネルを大量生産しておらず、LTPOの生産量はSamsung Displayより少ないので1つの機種への供給にしぼり、AppleはLG DisplayのLTPOスマートフォンパネルの供給はiPhone14 ProMaxを選択したと伝えました。

以前、BOEは2022年にAppleに6.1インチのパネルを供給し、iPhone14モデルの約5,000万個を供給し、全体の20%〜25%を占めると報告されていました。

また以前Elecは、AppleのiPhone14 ProとiPhone14 ProMaxの2つのハイエンドモデルが、SamsungとLGのLTPO OLEDディスプレイパネルを使用することを示すサプライチェーンレポートを報告しています。

以上のことをふまえて、ITHouseNewsは、iPhone14はSamsung、LGとBOEの3社が供給iPhone14 MaxはSamsungとLGの2社が供給iPhone14 ProはSamsungが独占供給iPhone14 ProMaxはSamsungとLGの2社が供給するのではないかと伝えています。

iPhone14シリーズの価格予想!AppleはProモデルを100ドル引上げる?

参考:ITHouseNews 写真: YouTube

関連記事