2023年発売のiPhone15ペリスコープカメラ搭載?Appleがサプライヤー2社を決定との情報

投稿日:

by kenji

9to5Mac

Appleは毎年9月にフラグシップモデルのiPhoneを発売しますが、2022年9月にiPhone14シリーズ、2023年にiPhone15シリーズを発売すると予想されています。

2023年にAppleが5倍光学ズームのペリスコープレンズを搭載したiPhone15 ProとiPhone15 ProMaxを発売する可能性が高いと噂されていましたが、Appleがサプライヤー2社を決定したとの情報があり話題になっています。

LGとJahwaがiPhone15ペリスコープカメラのサプライヤーに決定?

今週TheElecから、Appleのペリスコープレンズ用の光学式手ぶれ補正(OIS)アクチュエータを製造するため、Jahwa Electronicsが新施設に1,910億ウォンを投資する計画がレポートされました。

Jahwa Electronicsは、プリズムを使用して、ペリスコープのようにイメージセンサーに入る光を折り畳み、光学ズーム範囲を広げながらカメラモジュールを小さくすることができる特許を取得しているとのことです。

TheElecによると、Jahwa Electronicsが新施設で製造したOISアクチュエータをLGInnotekに供給し、ペリスコープカメラのモジュールを製造するとのことです。

Appleの著名なアナリストのミンチー・クオ氏は、ペリスコープレンズ2023年にiPhone15に搭載されると予測しています。

TheElecからのレポートが本当なら、Appleがサプライヤーを確保できたことで、iPhone15にペリスコープレンズが搭載される可能性が高まりそうです。

2023年発売のiPhone15 Proは5倍光学ズームでペリスコープカメラを搭載か?

参考:TheElec via 9to5Mac

関連記事