iOS16でサポートされないiPhoneの存在判明!iOS15.5ベータ1でコード発見

投稿日:

by kenji

9to5Mac

Appleは先週iOS15.5ベータ1を開発者と登録ユーザーへリリース。

コードの分析結果が米国のApple系メディアで公表され、iOS15.5ベータ1でiOS16でサポートされないiPhoneの存在が判明し話題になっています。

iOS16でサポートされないiPhoneの存在判明

Appleは6月6日からWWDC2022を開催し、iOS16を発表すると予想されています。

9to5Macの調査で、先週リリースされたiOS15.5ベータ1のコードの中にiOS16に関するものが見つかり、iOS16でサポートされないiPhoneが存在するということが判明しました。

今回見つかったのは、AppleNewsの新機能でiOS16を必要とする新しいコンテンツに関するものです。

申し訳ありませんが、このコンテンツを表示するには、デバイスを更新する必要があります。

申し訳ありませんが、ニュースは古いデバイスでは完全にはサポートされていません。

注目されているのは、Appleが追加したiOS16に更新できないデバイス用の2番目の文字列です。

Appleは今年、一部のiPhoneとiPadモデルのサポートを終了するのではないかと噂されていましたが、実際にiOS16でサポートされないiPhoneの存在が明らかになったのは初めてのことです。

iOS16リリースは9月?アップデートできるのはiPhone7以降?追加されると噂の新機能は?

参考:9to5Mac 写真:9to5Mac

関連記事