iOS15.5ベータ1ウォレットアプリでiTunesPassを「Apple Account」にリブランド

投稿日:

by kenji

9to5Mac

Appleは先週iOS15.5ベータ1を開発者と登録ユーザーへリリース。

コードの分析結果が米国のApple系メディアで公表され、iOS15.5ベータ1でウォレットアプリの変更が発見され話題になっています。

iOS15.5ベータ1「iTunesPass」を「Apple Account」にリブランド

Appleは、iOS15.5のウォレットアプリでiTunesPassを「Apple Account」としてリブランドするもようです。

9to5Macによると、iTunesPassは「Apple Account」と呼ばれるようになり、AppleCardやAppleCashCardと同じようにウォレットアプリに表示されるとのことです。

Apple Storeで買い物をするときにQRコードを表示する代わりに、ApplePayを使用して購入できるようになります。

「Apple Account」は、AppleCardやAppleCashCardと同じように、iOS15.5ベータ1のユーザーにはウォレットアプリで表示されます。

現在iOS15.5ベータ1ではウォレットアプリでこの機能は有効になっていませんが、iOS15.5が正式にリリースされるときに、Appleから公式に発表される可能性があります。

iOS15.5ベータ1「AppleClassical」アプリコード見つかる!5月にリリース?

参考・写真:9to5Mac

関連記事