iPhone14 Pro 詳細な48MPワイドカメラの仕様がリーク!カメラセンサー幅21%増加

投稿日:

by kenji

Technizo Concept/YouTube

Appleは、例年通り今年も、2022年9月頃にiPhone14シリーズをリリースすると予想されています。

iPhone14 Proの詳細な48MPワイドカメラの仕様がリークされ、話題になっています。

iPhone14 Pro 詳細な48MPワイドカメラの仕様がリーク

iPhone14 Proで搭載されると噂されている48MPワイドカメラの仕様がWeiboでリークされ話題になっています。

iPhone14 Proの詳細な48MPワイドカメラの仕様をリークしたのはユーザー摸鱼8氏。

摸鱼8氏はカメラの技術情報を頻繁に投稿していますが、Appleに関する情報については実績はないとのことです。

Apple系情報メディアのMacRumorsが注目しているのは、摸鱼8氏のリーク情報がiPhone14 Proの今までの噂に沿った情報であるということです。

91Mobiles

iPhone14 Proは48MPカメラを搭載し、メガピクセル数の増加の結果として、iPhone 14Proのカメラピクセルは小さくなり、1.22μmで、iPhone 13ProとiPhone13 Pro‌Maxと比較して0.68µm削減されます。

ピクセルサイズの変更にもかかわらず、iPhone14 Proは、Appleが「FocusPixels」として販売している、2014年のiPhone6以降搭載しているデュアルピクセルオートフォーカス(DPAF)システムを備え、最大60fpsで16:9HDRのビデオを記録します。

カメラのセンサーの幅は1/1.3インチと言われており、iPhone13 ProとiPhone13 ProMaxのワイドカメラの1/ 1.65インチセンサー幅よりも21.2%増加し、iPhone 13Proと比較して約57%面積が増加します。

1 / 1.3インチのセンサーサイズは、GooglePixel6で使用されているSamsungの50MPGN1センサーと同じとのことです。

iPhone14 ProのCADレンダリング登場!デザインの最新リーク情報

iPhone14 Proコンセプトトレーラー動画が話題!リークされた回路図面を基に作成

参考:MacRumors 写真: YouTube

関連記事