iOS自動アップデートがオンになっていてもすぐに自動更新されないことが判明!Apple上級副社長が理由を語る

投稿日:

by kenji

Apple

iPhoneの「設定」で「自動アップデート」がオンになっていても、iOSのリリース後すぐに自動更新されず、不具合が発生したのではないかと不安になることがあります。

でもご心配なく!実は、iOS「自動アップデート」がオンになっていてもすぐに自動更新されないことが判明しました。

iOS自動アップデートがオンになっていてもすぐに自動更新されないことが判明

iOS自動アップデートがオンになっていてもすぐに自動更新されない理由を説明したのは、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長であるCraig Federighi氏。

Redditユーザー@Kechoopixからの質問に答えました。

私は、iOSの自動更新機能が遅い(iOSの更新リリースから1か月後でも通知を受け取る)、またはまったく機能しない(私の場合は含まれている)とユーザーが不満を言っているRedditの投稿やニュースをオンラインで読んだ後、Craig Federighiにたずねました。Reddit

上級副社長であるCraig Federighi氏の回答は以下の通りです。

新しいiOSアップデートを段階的に展開し、最初に「設定」で明示的に探しているユーザーが利用できるようにし、1〜4週間後に(アップデートに関するフィードバックを受け取った後)自動更新が有効になっているデバイスへ自動更新します。お役に立てば幸いです。–craig

iOSの自動アップデートは、早めに手動でのアップデートをしていないユーザーのために、新しいiOSのアップデートの1〜4週間後に、補助的に自動でアップデートするための機能ということのようです。

AppleがiOSアップデート後のiPhoneのバッテリー消耗が早い理由を説明

参考:iClarified 写真:Apple

関連記事