Magic Mouseの充電ポートを修正しようとした動画が話題!最後のオチが・・・

投稿日:

by kenji

Unnecessary Inventors/YouTube

AppleのMagic Mouseは充電式バッテリーが切れた場合、充電ポートがマウスの裏側にあるので、裏返して充電する必要があります。

これに不満を持ったYouTuberが3Dプリンターを使って、充電ポートを修正しようとした動画が話題になっています。

話題になったMagic Mouseの充電ポートを修正しようとした動画

Appleが2015年にMagic Mouse2を発表したとき、充電ポートがマウスの裏側にあるので、充電している間使えなくなり、ユーザーは困惑しました。

その問題を3Dプリンターを使って解決しようとしたのが、YouTubeチャンネル「Unnecessary Inventors(不必要な発明家)」を運営するMatty Benedetto氏。

Benedetto氏は、端に直角コネクタを備えたLightning充電ケーブルから始めて、Magic Mouse2の背面に、金属製のボールベアリングのペアで回転するリフターを設計および3Dプリント。

リフトを使用すると、電源に接続して充電している間も、マウスを机の周りでスライドさせることができます。

ところが、最後のオチとして、Magic Mouse2を電源に接続すると、正常に充電できますが、Lightning充電ケーブルが外れるまで使えないことが判明。

Magic KeyboardとMagic Trackpadは充電中も問題なく動作し続けるのに、AppleのMagic Mouse2は設計上、充電中使用できない仕様になっているもようです。

Appleによると、Magic Mouse2は2分間の充電で一日中使用できるとのことです。

世界初のM1Max搭載Mac StudioとStudio Displayの分解動画が話題!修理専門サイト運営iFixit

iPhone SE3分解動画が話題に!内部設計やバッテリー詳細が明らかに

Macの比較動画が話題に!M1Ultraチップ搭載Mac Studioが最速

参考:Gizmodo via 9to5Mac 写真:YouTube

関連記事