15インチMacBook復活?Appleが開発中のノートパソコン

投稿日:

by kenji

Appleは来年2023年に13インチの現行モデルのMacBook Airより少し大きめのノートパソコンを発売するのではないかと噂されています。

2019年に廃止された15インチMacBookが復活するのではないかと、話題になっています。

15インチMacBook復活?

DisplaySearchの創設者でディスプレイの専門家であるロス・ヤング氏は、四半期ごとのITディスプレイの出荷と技術に関する詳細なレポートをリリース。

その中で、Appleは、2023年にリリースされる可能性のある15インチのMacBook Airを計画しているとレポートしました。

それに対し、Appleの著名なアナリストのミンチー・クオ氏はTwitterで、MacBook Air とは呼ばれない可能性を指摘しました。

クオ氏によると、15インチのノートパソコンの名称はまだ不明ですが、設計の目標はMacBook Airと同じ30Wの電源アダプタを使用し、2023年の第4四半期に量産を開始するのではないかとのことです。

スティーブ・ジョブズは、2001年1月のMacworld SanFranciscoで15インチのPowerBookをOneMoreThingとして発表しました。

その後、2006年にMacBook Proに引き継がれ、Appleの15インチのノートパソコンは2019年に廃止されるまで販売されました。

アナリストたちの予想が当たれば、2023年にAppleから15インチのMacBookが復活する可能性がありそうです。

Apple 15インチのMacbook Air開発中?2023年発売か

参考:MacworldMacRumors

関連記事