世界初のM1Max搭載Mac StudioとStudio Displayの分解動画が話題!修理専門サイト運営iFixit

投稿日:

by kenji

iFixit/YouTube

Appleは3月18日にMac StudioとStudio Displayの発売を開始しました。

今回、世界初のM1Max搭載Mac StudioStudio Display分解動画が公開され話題になっています。

M1Max Mac StudioとStudio Displayの世界初の分解動画

世界初のM1Max搭載Mac StudioとStudio Displayの分解動画を公開したのは、修理専門サイト運営のiFixit

M1Max搭載Mac Studioの分解動画により、部品と内部構造が分かります。

以前YouTubeチャンネル「Max Tech」により、M1Ultraチップ搭載Mac Studioの分解動画が公開されたときに、SSDがはんだ付けされておらず取り外せることが判明。

アップグレードが可能かどうかが話題になりましたが、iFixitはロジックボード上に予備のスロットを見つけ、SSDを2番目のMac Studioから空のスロットに入れようとしましたが、ConfiguratorからDFU復元エラーが発生し動作させることができませんでした。

しかし、同じサイズの2台のドライブ間でストレージの交換をすると、Configuratorを使用してDFUの復元を実行すると機能したとのことです。

Mac Studioはアップグレードできる余地がありますが、1台のマシンで起動する2つのベースモデルドライブを取得しておらず、現在はアップグレードはできないようです。

ストレージとは異なり、RAMは組み込まれているためアップグレードできる可能性はないとのことです。

Mac Studioの分解動画が話題に!内部設計やアップグレードの可能性が丸わかり

参考:iFixit/YouTube via MacRumors

関連記事