Apple StudioDisplayはA13チップ搭載しiOS15.4を実行!Webカメラはソフトウェアアップデートで可能

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは昨日2022年3月18日Studio Displayを発売しましたが、それに先立ち、米国のメディアがレビュー記事を掲載。

Webカメラのパフォーマンスで非常に低評価を受けていましたが、テクノロジーブロガーのジョン・グルーバー氏はAppleからWebカメラの品質問題はソフトウェアアップデートで可能だと回答を得ました。

StudioDisplayはA13チップ搭載しiOS15.4を実行

テクノロジーブロガーのジョン・グルーバー氏はStudio Displayの発売に先立ちレビューを 「Daring Fireball」に掲載。

Studio DisplayがA13チップと12メガピクセルの超ワイドカメラを搭載しているのにもかかわらず、Webカメラのパフォーマンスが非常に悪いと印象を受けました。

そこでAppleと情報を共有。

Appleの広報担当者から、Studio Displayが期待した画質を提供していないという問題を特定し、将来のソフトウェアアップデートで改善を行うと言われたとのことです。

John Gruber / Daring Fireball

当初グルーバー氏はソフトウェアアップデートで対応できるか疑いをもっていましたが、Apple内の複数のグループと話し合った結果、非常に驚いたとのことです。

Studio Displayが現行のiOS15.4およびiPadOS15.4と同じビルド番号(ビルド19E241)を実行していることが確認できたとのことです。

Studio Display自体にはソフトウェア更新メカニズムがないので、iOSアップデートはMacと接続して行う必要があります。

Appleはタイムスケジュールについて明言していないので、Studio Displayのソフトウェアアップデートがいつ行われるのかは未定です。

Studio DisplayのWebカメラ低評価!Appleソフトウェアアップデートで改善を約束

LG UltraFine 5K Displayが Apple Studio Display の代替品として4月に復活予定!

iOS15.4の新機能をチェック!不具合やアップデートの感想は?

参考:Daring Fireballvia iDROPNEWS 写真:Apple

関連記事