iPhone14 ProのCADレンダリング登場!デザインの最新リーク情報

投稿日:

by saki

91Mobiles

Appleは、例年通り今年も、2022年9月頃にiPhone14をリリースすると予想されています。

iPhone14 ProのCADレンダリングが登場するなど、新たなリーク情報が流れ話題になっています。

iPhone14 ProのCADレンダリング

91Mobilesは、リークされたCADデザインファイルに基づいたiPhone14 Proの最初のレンダリングを公開しました。

9to5Macによると、このようなレンダリング、CAD図面などは、iPhoneの発売に備えてケースメーカーが一般的に使用するものだとのことで、細かい部分は実際のiPhone14 Proとは異なる可能性があるとのことです。

91Mobiles

iPhone14 Proは、ディスプレイに錠剤型と、FaceIDセンサーと自分撮りカメラに対応するための小さな円形のパンチホールが付属しており、iPhone13 Proと同じ6.1インチの画面サイズです。

91Mobilesによると、電源ボタンは右側にあり、ボリュームロッカー、SIMトレイセクション、および変更スライダーは左端にあります。

iPhone14 Pro背面デザインはiPhone13 Proと同じで、120HzのProMotionOLEDディスプレイ、48MPプライマリカメラセンサー、A16Bionicチップで6GBのRAMを搭載すると噂されています。

9to5Macは9月ののリリースに近づくにつれ、iPhone14とiPhone14 Proのリーク情報がさらに増えると予想しています。

iPhone14衛星通信接続?miniなしの4モデルが発売?

iPhone14 ProでFaceIDデュアルホールデザイン採用?2023年以降は全モデルでも

参考:91Mobiles via 9to5Mac 写真:91Mobiles

関連記事