最新A16チップはiPhone14 Proモデルだけ?Appleチップで差別化戦略採用か?

投稿日:

by saki

Apple

Appleは、例年通り今年も、2022年9月頃にiPhone14をリリースすると予想されています。

iPhone13シリーズではすべてのモデルでA15チップが搭載されており、ここ数年は同じシリーズで同じAppleシリコンチップが搭載される傾向がありました。

しかし、AppleはiPhone14ではチップの差別化戦略をとるのではないかと噂されています。

最新A16チップはiPhone14 Proモデルだけで使用?

Appleのアナリストのミンチー・クオ氏、AppleがiPhone13と同じA15チップを搭載したiPhone14モデルをリリースする可能性があるとツイートしました。

9to5Macによると、AppleがA16チップを搭載した2つの新型iPhone14モデルと、A15チップを搭載した2つのiPhone14モデルを開発していることを、独自の情報源から伝えられているとのことです。

Appleが使用するチップの種類によって主力のiPhoneの差別化戦略を採用するのは、2013年にiPhone5SがA7チップ、iPhone5CがA6チップを搭載して以来約10年ぶりになります。

A15チップは6.1インチのiPhone14と6.7インチのiPhone14 Maxに搭載され、RAMは4GBから6GBにアップグレードされるのではないかとのことです。

A16チップは、iPhone14 ProおよびiPhone14 ProMaxに搭載され、6GBのRAMを搭載していると予想されています。

今回Appleはminiモデルを廃止し、iPhone14は、6.1インチと6.7インチの2つの画面サイズになるのではないかと噂されています。

参考:9to5Mac 写真: Apple

関連記事