2022年登場予想!Mac miniはM2とM2Proチップを搭載か?

投稿日:

by saki

Apple

Appleは、「Peek Performance」イベントでMac miniをベースにした Mac Studioを発表しましたが、Appleは新型Mac miniの2つのバージョンを開発中で、今年リリースされると予想されています。

Apple M2とM2Proチップを搭載したMac miniを開発中

9to5Macによると、現在Appleが開発しているMac miniは次の2つのバージョンです。

M2 Mac mini

Appleが開発しているM2 Mac miniはコードネームJ473と呼ばれ、M2チップを搭載しています。

M2は、2020年にM1が発表されて以来の最初のメジャーアップグレードとなります。

Apple

M1はA14Bionicに基づいていますが、M2はA15Bionicチップに基づいています。

M2は8コアCPU(4つのパフォーマンスコアと4つの効率コア)を備え、10コアGPUを搭載しているとのことです。

M2 Mac miniの開発は間もなく完了し、リリースは2022年後半と噂されています。

M2Pro Mac mini

9to5Macによると、AppleはM2Proチップを搭載したM2Pro Mac mini(コード名J474)にも取り組んでいます。

M1Proチップが10コアCPUを搭載しているのに対し、M2Proチップは12コアCPU(8つのパフォーマンスコアと4つの効率コア)を備えているとのことです。

先月、ブルームバーグのマーク・ガーマン氏は、Appleが6月のWWDC2022で新しいAppleシリコンを搭載したMacを発表する可能性があることをレポートしました。

9to5macはAppleがエントリーレベルのM2チップを搭載したMac miniを発表する可能性があるのではないかと予想しています。

iPhone SE3やiPad Air5など5つの新製品登場!Appleイベント「Peek Performance」まとめ

Apple M1Ultraチップの性能は?Mac Studioに史上初めて搭載

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事