噂されていたハイエンドMac miniは「Mac Studio」?Apple3月8日イベント「Peek Performance」で発表か?

投稿日:

by saki

APPLETRACK

Appleは今年2022年中に、Mac miniのすべてのIntelモデルをAppleシリコン搭載モデルへ更新する予定で、ハイエンドMac miniを春のイベントで発表するのではないかと噂されてきました。

明日の3月8日イベント「Peek Performance」の直前になって、それが「Mac Studio」ではないかと噂されています。

噂されていたハイエンドMac miniは「Mac Studio」?

Appleの記事で著名なブルームバーグのマーク・ガーマン氏は、Appleが 40個のCPUコアと128個のGPUコアを搭載したAppleシリコンチップを搭載した「小型のMac Pro」に取り組んでいると以前報告しています。

9to5Macによると、この小型のMac Proは「Mac Studio」とのことです。

先週9to5Macは、「Mac Studio」は、プロのユーザーを対象としたMac miniとMac Proの間のミドルレンジのMacで、2021年に発売されたMacBook Proと同じM1Maxチップを搭載したモデルと、M1Maxよりもさらに強力な新しいAppleシリコンチップを搭載したモデルの、2モデルが計画されていると伝えました。

今まで噂されてきたハイエンドのMac miniはM1MaxとM1Proを搭載すると伝えられており、「Mac Studio」を指しているようです。

レンダリングはAPPLETRACKで公表されています。

ガーマン氏はTwitterで「Mac Studio」とiOS搭載モニターが発表されると伝えています。

2022年登場Mac mini最新予想!発売日は?デザイン・機能は?

27インチStudio Display登場?Apple3月8日イベント「Peek Performance」

Apple新しいMac開発中?プロ仕様のMac Studio

参考:9to5MacAPPLETRACK 写真:APPLETRACK

関連記事