iPhone14 ProでFaceIDデュアルホールデザイン採用?2023年以降は全モデルでも

投稿日:

by kenji

MacRumors

Appleは、2022年に発売されるiPhone14のノッチを廃止し、FaceIDデュアルホールデザインを採用するとの噂があります。

2023年発売のiPhoneの全モデルでノッチを廃止し、FaceIDデュアルホールデザインを採用するのではないかと伝えられました。

iPhone14 ProでFaceIDデュアルホールデザイン採用?

MacRumorsによると、DisplaySearchの創設者でディスプレイの専門家であるロス・ヤング氏は、2022年にFaceIDデュアルホールデザインを採用するのはiPhone14 Proだけで、2023年以降はiPhoneの全モデルで採用されるとの予想を伝えました。

MacRumors

ヤング氏によると、ピル型のFace IDホールとカメラホールの組み合わせは、ノッチとほぼ同じ幅ですが、穴の上の幅を節約できるとのことです。

ヤング氏は、中国のWeiboのリークを引用して、iPhone14のカメラカットアウトは5.631mmと推測しており、2023年はより小さくなると予想しています。

Appleは最終的にFace ID用のホールを廃止する予定ですが、2023年のiphoneの発売までに開発は間に合わないのではないかとのことです。

参考:DSCC via MacRumors

関連記事