Dropboxアップデートをリリース! M1サポートmacOSアプリ

投稿日:

by saki

DropboxAppleのM1シリコンプラットフォームをネイティブサポートするmacOSアプリを正式にリリースしました。

これにより、M1チップを最大限活用したアップデートをすべてのMacユーザーが利用できるようになりました。

DropboxのM1サポートmacOSアプリ

Dropboxは 、M1チップと互換性のあるアプリのアップデートまで1年以上かかりましたが、ついにリリース。

Dropbox for macOSの最新バージョン143.4.4161には、M1、M1 Pro、およびM1Maxチップの基盤であるAppleシリコンプラットフォームがサポートされています。

Appleシリコンでネイティブに実行されるアプリは、Macのソフトウェアの消費電力が少なくなり、バッテリーの寿命が長くなるとのことです。

Dropboxは自動的にアップデートされるため、ユーザーはアプリを再インストールする必要はないとのことです。

参考:9to5Mac

関連記事