Appleのプライバシーポリシーを回避してiOSアプリ開発者が位置データを販売!専門家が指摘

投稿日:

by kenji

多くのiOSアプリ開発者は、Appleのプライバシーポリシーにもかかわらず、位置データを収集し、データブローカーに販売していると、専門家がレポートしました。

今までのデータ販売方法とは違う新手の手法とのことです。

Appleのプライバシーポリシー

以前は、データブローカーがSDK(ソフトウェア開発キット)を作成するのが一般的でした。

SDKは、必要な機能をすばやく簡単に追加する方法としてアプリ開発に役立ちますが、同時にユーザーデータ(位置データを含む)を収集することが問題になりました。

Appleは昨年、これらのSDKを取り締まり、アプリが収集するデータとその使用方法を開示することを開発者に要求するプライバシーラベルを含めるよう要求しました。

iOSアプリ開発者が位置データを販売する新手の手法

The Markupのレポートによると、アプリ開発者はデータブローカーに新手の手法でデータを販売しているとのことです。

アプリ開発者が位置情報データブローカーと契約を結んでいる場合、サーバー間転送でユーザーデータを直接提供する方法で、Appleの管理外で行われ業界でより一般的になっています。

アプリ開発者は位置情報データを収集し販売することで、年間12,000ドルから100万ドルを稼ぐことができるとのことです。

AppleとGoogleにはこの慣行を監査する現実的な方法がなく、The Markupによると法律による規制以外の方法はないそうです。

参考:The Markup via 9to5Mac

関連記事