iPhoneの下取り価格はAndroidデバイスの2倍との調査結果!

投稿日:

by kenji

Macweltによると、2021年のiPhoneの下取り価格は、Androidデバイスの2倍の価格だったとの調査結果が発表されたとのことです。

下取りされている上位5つのデバイスはiPhone

端末保証などのサービスを提供する保険会社Assurantの調査結果で、2021年のスマートフォンの下取り金額は30億ドル以上で、2020年と比較してほぼ10億米ドル増加したとのことです。

下取りされている上位5つのデバイスの機種はすべてiPhoneで、以下の通りです。

  1. iPhone XR(2018)

  2. iPhone 11(2019)

  3. iPhone 8(2017)

  4. iPhone 8 Plus(2017)

  5. iPhone X(2017)

Apple iPhone8

MacWorldによると、iPhoneが下取りされるデバイスで上位を占める理由は、Appleが販売する携帯電話の機種がAndroidの機種よりも少ないからではないかとのことです。

iPhoneの下取り価格はAndroidデバイスの2倍の価格

Assurantの調査結果によると、2021年のiPhoneの下取り平均価格はAndroidデバイス(98ドル)の2倍(199ドル)以上だったとのことです。

下取り平均価格が、iPhoneが170ドルでAndroidデバイスが95ドルだった、2020年の1.8対1の比率よりも広がりました。

下取り上位の5つのiPhoneはすべて、Appleが5Gに切り替える前のものなので、下取りデバイスの取引価格の増加の重要な要因は、5Gネットワ​​ークへの切り替えである可能性があるとのことです。

参考:Macwelt via MacWorld

関連記事