スティーブ・ジョブズ氏生誕67周年!ティム・クックCEOがコメント発表

投稿日:

by saki

2月24日(日本時間2月25日)はスティーブ・ジョブズ氏の誕生日です。

2022年2月24日はスティーブ・ジョブズ氏の生誕67周年に当たり、ティム・クックCEOがTwitterでコメントを発表しました。

スティーブ・ジョブズ氏生誕67周年

本日は1955年2月24日に生まれたスティーブ・ジョブズ氏の生誕67周年。

Appleの共同創設者で元CEOのジョブズ氏は、膵臓がんとの戦いの末、2011年に56歳で亡くなりました。

Appleは、1976年の最初のAppleコンピュータの発売から、iPod、iPhoneiPadなど多くの製品で世界を一変させました

ジョブズ氏は1976年にスティーブ・ウォズニアック氏と一緒に会社を設立。

その後、1985年にAppleを辞めてNeXTを作成しました。

MacRumors

Appleは1997年にNeXTを買収し、ジョブズ氏はAppleに復帰し、2011年に亡くなるまでCEOを務めました。

ジョブズ氏はAppleに復帰後、複数の製品の発売を牽引し、Appleを世界最大のテクノロジー企業の1つに押し上げました。

MacとiPodから始まり、2007年にiPhoneが発売された後、Appleは多くの人により身近な企業になりました。

ジョブズ氏が2011年に亡くなった後、Appleの事業責任者を務めていたティム・クック氏がCEOになりました

クック氏は、ジョブズの考え方、揺るぎない完璧主義、勤勉への献身、そして革新への欲求が「アップルの基礎」であると述べています。

そして、今日クック氏はTwitterでジョブズ氏の誕生日へのコメントを発表しました。

スティーブの誕生日を祝うことは、簡単なことではありません。これらの困難な時代に、時間を賢く使い、卓越性を追求し、より良い世界を残すことを私たちに求めたのを覚えています。今日は彼の67歳の誕生日でした。

参考:MacRumors

関連記事