Apple副社長のDesai博士がApple Watchとヘルスケア機能の設計について語る

投稿日:

by saki

Apple Watchのようなデバイスを活用したAppleの印象的なヘルスケア機能は何年にもわたって拡大しています。

インタビューで、Appleの健康担当副社長であるSumbul Desai博士が、Appleがヘルスケア機能の設計、検証、テストなどにどのように取り組んでいるかを明らかにしました。

Desai博士がApple Watchとヘルスケア機能の設計について語る

YouTuberのRene Ritchie氏とのインタビューで、Desai博士はApple Watchなどのデバイスとヘルスケア機能の設計について語りました。

「健康は私たちがアップルで行う仕事のあらゆる側面に浸透しています」とDesai博士は述べ、アップルのすべての製品にヘルスケアとウェルネスの機能がどれほど緊密に統合されているかについて話しました。

Desai博士は、提携したトレーニングとフィットネス療法を特にエキサイティングなものとして強調し、iOS15で導入された新しいフォーカス機能についても話しました。

Appleはヘルスケアデータからウェルネスまであらゆる分野で進歩を遂げています。

Desai博士は、これらの結果は、会社の経営陣のトップダウンのサポートと、実際の医師や医療専門家との協力で可能になったと述べました。

インタビューでは、プライバシーがAppleのすべてのヘルスケア機能の中心にあることにも触れています。


関連記事