AppleのAR/VRヘッドセットの入手前に住宅保険の補償範囲を確認しよう!被害動画も!保険会社が忠告

投稿日:

by saki

AppleのAR / VRヘッドセットが早ければ2022後半にも発売されるのではないかと予想されています。

ある保険会社は、一般的にVRヘッドセットは予想外の費用をもたらす可能性があると報告しています。

VRヘッドセットで想定される被害

Appleはヘッドセットの発売を予定しており、2つの異なるタイプが予想されています。

軽量でファッショナブルなApple Glassesと、既存のVRヘッドセットに近いAR / VRヘッドセットです。

Apple Glassesの登場はまだ数年先になると予想されていますが、AR / VRヘッドセットは早ければ2022年後半に発売される可能性があります。

ガーディアンの報告では、ある住宅保険会社によると、VRヘッドセットを所有することは思いがけない被害をもたらし予想外の費用が掛かる可能性があるとのことです。

シーリングファンにアッパーカットする男性、家具にぶつかる女性、照明器具を突き破る男性など、VRヘッドセットは家庭で大混乱を引き起こすことがよくあります。

Ceiling Fan 1 – This Guy 0 from VRtoER

9to5Macに掲載された米国で人気の投稿サイトredditでは、シーリングファンにアッパーカットする男性や仮想の壁にもたれかかろうとして転んだ女性の動画があります。

Ragdoll mode activated from VRtoER

昨年、VRヘッドセットに関連する家庭での事故が31%急増し、保険会社のAvivaは2016年以来全体で68%の増加を記録したと述べています。

参考:9to5Mac

関連記事