2022年3月発売か?M2チップ搭載13インチMacBook Pro最新デザイン予想!タッチバーは?

投稿日:

by saki

AppleはエントリーレベルのM2チップ搭載のMacBookProを、2022年3月に予定されているイベントで発売すると予想されています。

エントリーレベルの13インチMacBook Proについて、サプライチェーンの情報筋からデザインの詳細が伝えられています。

M2チップ搭載13インチMacBook Proのデザイン・タッチバー

MacRumorsが得た情報によると、2022年3月に発売が予想されているエントリーレベルの13インチMacBook Proは、タッチバーを含め、現在のバージョンと同じデザインを維持するとのことです。

14インチおよび16インチMacBook Proモデルとは異なり、ノッチはなく、ProMotionディスプレイも搭載されないとのことです。

MacRumors

現行モデルの13インチMacBook Proと3月に発売される新型モデルとの違いは、M2チップが搭載されることにあるとのことです。

M2プロセッサーは、M1プロセッサと同じ数のCPUコア、最大10個のグラフィックコアでパフォーマンスが向上しているといいます。

今回M2チップ搭載13インチMacBook Proの最新デザイン情報を提供したサプライチェーンの情報筋は、2021年10月に発売された14インチと16インチのMacBook Proの正確な情報をMacRumorsに伝えたことがあり、かなり信用できそうだとのことです。

DigiTimesのサプライチェーン筋からの情報も、プロセッサを除いて、新型MacBook Proで使用される他のほとんどの部品は、M1チップを搭載した現行モデルとほぼ同じ仕様を備えており、最新の噂を裏付けているようだと伝えています。

エントリーレベルM2チップ搭載MacBook Proは3月上旬発売予想

参考:MacRumors

関連記事