Apple低価格スタンドアロンディスプレイ開発中か?発売日は?

投稿日:

by kenji

Appleは米国価格約5,000ドル(日本では税込582,780円~)のPro Display XDRしか販売していませんが、新しい低価格のスタンドアロンディスプレイを開発中との噂があります。

もし実現すれば、Appleが27インチのThunderboltディスプレイを2016年に廃止して以来の手頃な価格のAppleブランドのディスプレイとなります。

Appleの開発中の低価格スタンドアロンディスプレイ

Appleに関する記事で著名なジャーナリストのブルームバーグのマーク・ガーマン氏によると、Thunderboltディスプレイの後継機があり、Pro Display XDRと一緒に低価格の消費者向けモニターとして販売されると予想しています。

ディスプレイはPro Display XDRほど高価ではないかわりに、明るさとコントラストは低下するとのことです。

MacRumors

サプライヤーサイドからの情報では、LGディスプレイは、24、27、および32インチサイズのApple向けの新しいスタンドアロンディスプレイに取り組んでいるとされています。

MacRumorsによると、Appleが低価格ディスプレイを2つのサイズ24インチと27インチでリリースし、32インチのモデルはPro Display XDRのフォローアップである可能性があるとのことです。

MacRumorsの予想では、32インチディスプレイは米国で約5,000ドル、27インチディスプレイは約2,500ドル、24インチディスプレイはもっと安くなる可能性があり、AppleがThunderboltディスプレイを販売した999ドル前後の価格ではないかとのことです。

Appleは2022年に新型Mac miniなどを発表するので、Macに対応したスタンドアロンディスプレイを発売するのは理にかなっているのではないかとMacRumorsは伝えていますが、実際の発売日は今のところ分かっていないとのことです。

参考:MacRumors

関連記事