2022年後半発売予想!Apple AR / VRヘッドセットの活用方法はミー文字を使った3Dバーチャル会議?

投稿日:

by kenji

Appleでは長期間にわたり、何千人ものソフトウェアおよびハードウェアエンジニアが、AR/VRデバイスの研究開発を行ってきたと伝えられています。

2022年後半に発売が予想されるようになり、ヘッドセットが実行されるオペレーティングシステムである「realityOS」がAppleのオープンソースコードに現れるようになりました。

2022年後半発売予想のApple AR / VRヘッドセット

数年にわたり多くのレポートがありましたがAppleのAR / VRヘッドセットは2022年のAppleのWorldwide Developers Conferenceに登場する可能性があります。

Appleに関する記事て定評のあるブルームバーグのマーク・ガーマン氏によると、Appleは最近技術的な問題に遭遇しており、AppleのAR / VRヘッドセットの発表は2023年まで待たなければならない可能性があるとのことです。

AppleのAR / VRヘッドセットは8K解像度のディスプレイ、M1ProやM1Maxを上回る可能性のあるチップを使用し、アプリ内の制御にアイトラッキングとともにハンドトラッキングを使用すると予想されています。

Apple AR / VRヘッドセットの活用方法

ガーマン氏は、AppleのAR / VRヘッドセットはゲーム、メディア消費、およびコミュニケーションに焦点を当てるとしています。

ガーマン氏によると、realityOSの「FaceTime」でAppleの既存の2つのミーmojisとSharePlayを中心に展開する可能性があることをレポートしました。

何十人もの人がいる会議室にいることができるFaceTimeのバーチャルリアリティバージョンを想像します。

実際の顔を見る代わりに、それらの3Dバージョン(ミー文字)を見ることができます。

ヘッドセットは人の表情をリアルタイムで判断できるので、かなりリアルな体験になると思います。

また、新しいrealityOSでSharePlayを多用して、複数のヘッドセット着用者が音楽、映画、ゲームを一緒に体験できるようにすることも考えています。

MacRumorsの予想では、動的ヘッドトラッキングを備えた空間オーディオ、LiDARスキャナーなど、Appleが近年リリースした多くの新機能はすべてAppleのAR / VRヘッドセットの開発と結びついているのではないかとのことです。


関連記事