Zoomアプリのバグ修正!マイクがオフにならないMacユーザーに最新版に更新呼びかけ

投稿日:

by saki

9to5Mac

人気のビデオ会議プラットフォームZoomは、会議終了後にマイクがオフにならないというMacユーザーの報告を受けて調査していましたが、Zoomアプリの重要なアップデートをリリースしました。

Macのマイクがオフにならなかった原因はバグだったそうです。

Zoom macOSアプリのバグ修正

昨年12月以来、多くのユーザーがZoom Communityにこのバグについて( The Registerを介して)報告していました。

マイクを使用しているときにメニューバーにオレンジ色のドットを表示するmacOS Montereyで導入されたインジケーターで、ユーザーはZoomアプリが会議終了後もマイクをオンにしたままであることに気づきました。

Zoom社によると、macOSアプリにバグがあり、通話を終了した後でもオレンジ色のマイク使用中インジケーターが表示されていたとのことです。

アプリの最新バージョンではこの問題は発生していないとのことで、Zoom社は最新版のmacOSバージョン5.9.3への更新をユーザーへ呼びかけています。

参考:9to5Mac

関連記事