iPad mini6液晶ディスプレイの「ゼリースクロ​​ール」不具合発生!米国で集団訴訟へ

投稿日:

by saki

9to5Mac

Appleは2021年9月にiPad mini6をリリースしました。

一部のユーザーは、 LCD(液晶ディスプレイ)がいわゆる「ゼリースクロ​​ール」の不具合を抱えていることに気づき、Appleへ改善を求めましたが対応されなかったので、集団訴訟を提起しました。

iPad mini6のLCD(液晶ディスプレイ)の「ゼリースクロ​​ール」不具合発生

iPad mini6の発売後すぐに、一部のユーザーは、 LCD(液晶ディスプレイ)がいわゆる「ゼリースクロ​​ール」の不具合が発生していることに気づきました。

Appleは、iPad mini6の「ゼリースクロ​​ール」の問題はLCD画面の正常な動作で、LCDパネルは「行ごとに更新」するため、行間の遅延が発生すると主張しました。

一部のiPad mini6ユーザーがその説明に満足せず、訴訟を提起しました。

ユーザーは、「ゼリースクロ​​ール」が原因でデバイスを使用しているときに乗り物酔い、吐き気、嘔吐、および片頭痛が発生しiPad mini6を使用することができなくなったそうです。

9to5Macによると、訴訟は進行するまでに長い道のりがあり、この集団訴訟の先行きは見通せないとのことです。

参考:9to5Mac9to5Mac

関連記事