watchOS8.4.2リリース!目的はバグ修正とセキュリティアップデート

投稿日:

by saki

9to5Mac

watchOS8.4.1を公開してから9日後、Appleはすべてのユーザー向けにwatchOS8.4.2をリリースし、セキュリティアップデートとバグ修正を行いました。

watchOS8.4.2

Appleのリリースノートには「watchOS8.4.2には、Apple Watch用のセキュリティアップデートとバグ修正が含まれます。」と書かれています。

Appleからは具体的なバグの内容とセキュリティアップデートの内容はまだ公表されていません。

watchOS8.4がリリースされてから、一部のユーザーにiPhoneとの同期がうまくできない問題が発生しており、その問題に対処している可能性がありますが、実際に問題が解決したのかは不明です。

watchOS‌8.4.2は、iPhoneのApple Watchアプリから行います。

[一般]> [ソフトウェアアップデート]に移動してダウンロードします。

インストールするには、Apple Watchに少なくとも50%のバッテリー残量があり、充電器に装着されている必要があります。Wi-Fi接続されたiPhone‌‌‌‌‌‌と通信可能圏内にある必要があります。

参考:9to5MacApple

関連記事