専用のクラシックサービスまもなく開始か?Android Apple Musicベータ版でコードが見つかる

投稿日:

by saki

Apple MusicのAndroidベータ版が公開され、Primephonicに基づくAppleのスタンドアロンのクラシックジャンルアプリのコードが発見されました。

2022年中にAppleはApple Musicサービスを改善し、専用のクラシックサービスを開始する見込みです。

Androidベータ版で見つかった「Apple Classical」コード

公開されたApple MusicのAndroidベータ版で「Apple Classical」という名前のコードが見つかりました。

9to5Googleによると、最適化された互換性のあるトラックを直接開く機能も備わっているとのことです。

9to5Google

2021年8月、Appleはクラシック音楽のストリーミングサービスを手掛けるPrimephonicを買収しました。

Primephonicアプリは数か月後にシャットダウンされ、既存のサブスクライバーは新しいアプリが2022年初頭に準備できるまでAppleMusicを使用するように指示されました。

Primephonicのサブスクライバーへの指示と、Apple MusicのAndroidベータ版で見つかった「Apple Classical」コードを合わせて考えると、Appleはまもなく専用のクラシックサービスを開始するのではないかと予測できます。

「Apple Classical」は単なるコードネームなので、サービス開始時には名前が違う可能性がありますが、Appleは専用のクラシックサービスを計画通り準備しているもようです。

Apple人工知能を使ってダイナミックサウンドトラック作成のAIMusic買収!予想される新サービスは?


関連記事