Apple人工知能を使ってダイナミックサウンドトラック作成のAIMusic買収!予想される新サービスは?

投稿日:

by saki

Appleは人工知能(AI)を使用して作曲できるプラットフォームを開発したスタートアップ企業のAIMusicを買収しました。

AIMusicのテクノロジーにより、AIを使用してロイヤリティフリーのサウンドトラックを作成でき、今後のAppleのサービスに活用されそうです。

Appleダイナミックサウンドトラック作成のAIMusic買収

Appleが買収した、AIMusicは、マーケター、出版社、フィットネスプロフェッショナル、クリエイティブエージェンシー向けにオーダーメイドのオーディオソリューションを作成することを目的とした「InfiniteMusicEngine」を開発。

MacRumors

ブルームバーグからの報告によると、AIMusicのテクノロジーはAIを使用してロイヤリティフリーのサウンドトラックを作成できるというもの。

サウンドトラックは動的で、ユーザーの操作に基づいてリアルタイムで変更ができ、ワークアウトのより激しい部分では、曲のトーンが自動で変わります。AIMusicは、心拍に合わせた曲を作成することも可能です。

Appleは買収について公表していませんが、2021年8月にクラシック音楽サービスPrimephonicを買収したことも踏まえて考えると、Apple Musicの大幅な機能強化に取り組んでいるようです。

AIMusic買収後の新サービスとして、心拍に合わせて更新できる曲をAppleFitness +に提供したり、ロイヤリティフリーの音楽を使用して写真のスライドショー用の曲を提供できれば、Photosアプリで活用できるのではないかと予想されています。

参考:Bloomberg via MacRumors9to5Mac

関連記事