iOS14.2の隠された新機能、iPhone 8以降では高画質のFaceTimeに対応

投稿日:

by しんや

AppleがリリースしたiOS14.2には、リリースノートにも含まれていなかった改善点がありました。

ビデオ通話アプリFaceTimeが、1080pの高画質に新しく対応した点です。

iOS14.2以降ではHDのFaceTimeに対応

iOS14.2でAppleが密かに行った改善はビデオ通話アプリFaceTimeの画質改善です。

FaceTimeを使えばiPhone同士で無料のビデオ通話を行うことができます。

Image:Apple

しかしiOS14.2よりも以前は720pの画質にしか対応しておらず、1080p対応が増えている最近では少し物足りなさがありました。

この点が、iOS14.2をインストールしたiPhone8以降の端末であれば、1080pに対応するよう変更されました。

Wi-Fiと5Gが条件(iPhone 8以降)

ただし、全ての環境において1080pのHDのFaceTimeが使えるわけではありません。

先ほども述べたようにiPhone8以降であること、iOS14.2以降をインストールしていること。

これに加えて、Wi-Fiや5G通信が使われていることが要求されています。

つまり、LTE通信を使った外出先からのFaceTimeはこれまで通り720pの画質になります。

外出先でHDのFaceTimeを利用するにはiPhone 12の5G通信を活用することになりそうです。

また、現時点では、HDのFaceTimeはiPadでサポートされていません。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:9TO5Mac

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事