有機ELディスプレイのiPad Proが2021年に発売か、SamsungとLGが改善に取り組み中

投稿日:

by しんや

iPhoneには数年前から一部のモデルでOLED(有機EL)ディスプレイが採用されてきました。

2021年にはiPad Proにも同じくOLEDディスプレイが採用される見通しだと韓国のメディアが報じました。

来年はミニLED搭載iPad Proに続きOLED搭載iPad Proも登場か

Appleは近い将来、iPadにミニLEDと呼ばれるディスプレイを採用すると噂されていました。

ミニLEDとは、従来のLEDディスプレイと構造はそのまま同じですが、一つ一つのバックライトの分割をより細かくした方式です。

これまでよりも鮮明に表現できるようになることに加え、部分的なバックライトのオフも可能になっています。

これによりOLEDディスプレイのメリットでもある純度の高い黒を表現可能にしながら、有機物質を含まないためOLEDディスプレイのデメリットでもある焼き付きを防止できると期待されています。

これまで、台湾などのメーカーが2021年中にAppleに対してこのミニLEDディスプレイの供給を開始すると見られていました。

OLEDディスプレイの採用も諦めない

しかし、韓国のメディアTHE ELECによるとAppleは、iPad Pro用としてOLEDディスプレイの採用を検討しています。

すでにディスプレイの主要なサプライヤーであるSamsung DisplayとLG Displayに対して改善を指示していると伝えられています。

iPadなどのタブレット端末は読書や動画の鑑賞にもよく利用されるため長時間にわたり利用されるケースが多くあります。

そのためOLEDディスプレイを採用した場合、通常での使用よりも焼き付きの問題が多く発生する可能性があるのです。

Samsung DisplayとLG Displayは発光層を複数に積層することでこの焼き付きの防止に取り組んでおり、成果次第では2021年内のiPad Proに採用される可能性があるようです。

また、ミニLEDディスプレイを搭載したiPad Proが2021年の前半に発表されると予想されており、OLEDディスプレイ搭載のiPad Proは2021年の後半になると見られています。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:THE ELEC

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事