Appleは年内に更なる新製品の発表を予告、Apple Silicon搭載のMacか

投稿日:

by しんや

Appleは先日、第4四半期決算説明会を実施しました。

その中で、AppleのCEOであるティム・クック氏は、年内の新製品発表について言及しました。

2020年のAppleはまだまだ終わらない!

Appleは、通常、6月のWWDCと9月のiPhone発表会を軸に、一年で3回程度の新製品発表会を行います。

今年は、3月にiPad Proなどの発表、6月のWWDC、9月のApple WatchやiPadの発表、そして10月のiPhoneの発表がありました。

すでに4回の発表会を実施しているため、2020年は例年に比べるとかなりのハイペースで新製品の発表会が行われていることになります。

2020年5回目の発表会が実施か?

しかし、今年はまだまだ終わらないかもしれません。

Appleのティム・クックCEOが、発表会で以下のように発言したのです。

今年はさらにエキサイティングなことがいくつかある

エキサイティングなこととはほぼ間違いなく新製品の発売を指すでしょう。

真っ先に思いつくのはAppleが独自に開発したパソコン用のチップApple Siliconを搭載したMacの登場です。

これについてはそもそも、Appleも以前から2021年になる前に何らかの新製品を出すと予告していました。

つまり、年内にApple Siliconを搭載した新しいMacが登場することはほぼ確実と言えるでしょう。

それが、Mac miniのようなタイプのパソコンなのか、Macbookのようなタイプのノートパソコンなのかは不明です。

Mac以外の新製品にも期待

そして注目するべきは「(エキサイティングなことが)いくつかある」という部分です。

つまり、彼は最低でも2つ以上の何かがあると示唆しています。

もしかしたら、長年噂されていた、紛失防止タグAirTagsの発表かもしれません。

もしかしたら、新しいAirPodsの発表かもしれません。

いずれにせよ、今年のAppleはまだまだ私たちを楽しませてくれそうです。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:9TO5Mac

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事